目の疲れの解消におすすめな食事を摂るには

目の疲れ 効果的 食事

目の疲れ対策にマッサージをしたり、目が乾燥しないように

目薬を点したり、温めたりとさまざまなケアを行っている方が
多いと思いますが、食事から疲労を取り除く事も
可能なのです。

 

疲れ目にはどのような成分、食材が効果的なのか紹介していくので毎日の献立に活かしてみて下さいね。

 

 

ドライアイ、目の疲れに良い食材と成分

 

ビタミンAを多く含む食材

 

ビタミンAは動物性食品に多く含まれるビタミンの一種。
主に粘膜、皮膚に働きかける成分ですから、目の粘膜保護や
涙の生成サポートに効果を発揮します。

 

目の乾きを防ぐ事で、そこから起こるトラブルを予防する
働きに期待する事が出来るのです。

モロヘイヤ、鶏・豚レバー、にんじん、あんこうの肝、うなぎ

かぼちゃ、焼き海苔、しそ

 

 

アントシアニンを多く含む食材

 

アントシアニンは紫色の色素を持つ食材に多く含まれます。
目の疲労回復や、健康を維持するために必要な栄養として有名で、
目の疲れサプリなどによく疲れているのが特徴。

 

主に疲れを回復する作用、しょぼつき、ぼやけの改善、
夜間の視力向上に期待する事が出来ます。

なす、カシス、しそ、紅芋、ぶどう、黒豆、紫きゃべつ

紫たまねぎ、ビルベリー、ブルーベリー

 

 

ビタミンB群を多く含む食材

 

主に目の粘膜保護、視神経を正しく働かせる、水晶体の保護、
目の周囲の筋肉をほぐす、などの効果があります。

 

数種類のビタミンBは、それぞれが相互に高め合う事で
より効果に期待度が高まるという特徴があるので、複数の食材を
組み合わせるのが良いでしょう。

B1:レバー、うなぎ、玄米、にんにく、豚肉、卵、ピーナッツ

B2:豚・牛レバー、アーモンド、きのこ、納豆
B6:さんま、まぐろ、バナナ、ピスタチオ、レバー、にんにく
B12:さんま、かつお、貝類、もやし、レバー、チーズ、納豆

 

 

クロセチンを多く含む食材

 

クロセチンは眼精疲労を解消する効果が高い事で注目されていますが、
食事からはとても摂取がしにくく、サプリメントを利用するのが
おすすめとなっています。

 

黄色色素成分であり、高い抗酸化力を持ち目の疲れから繋がる
肩こりの改善にも効果的です。

たくあん、サフランライス、きんとん

 

 

眼病予防に良い食材と成分

 

ルテインを多く含む食材

 

目の網膜、水晶体を守り、ブルーライトや紫外線などの刺激に
強い目にしてくれます。

 

緑黄色野菜に多く含まれるカロテノイドで、白内障の予防に
積極的に摂りたいものです。

ケール、かぼちゃ、ほうれん草、卵黄、ブロッコリー

 

 

アントシアニンを多く含む食材

 

目の疲れを解消するだけでなく、白内障、緑内障などの予防にも
高い効果があると言われています。

しそ、なす、カシス、紅芋、ぶどう、黒豆、ブルーベリー、

ビルベリー、紫たまねぎ、紫きゃべつ

 

 

β-カロチンを多く含む食材

 

強い抗酸化力を持ち、視力の維持、粘膜の保護、夜盲症の予防、改善に
高い効果を発揮します。

かぼちゃ、すいか、にんじん、にら、ブロッコリー、みかん

 

 

これらの成分を日頃の食事から摂取するのは大切ですが、
ストレス、加齢により消費されてしまうもの、食事からだけでは
補いきれない成分も多数あります。

 

必要量摂取していくためには、サプリメントの利用もおすすめです。

 

関連ページ

目の疲れ、眼精疲労に効果◎お手軽ツボマッサージ
目の疲れや眼精疲労に効果バツグンの、お手軽ツボマッサージについてご紹介しています。
目の疲れを予防&解消するおすすめグッズを紹介!
目の疲れを取るおすすめのグッズをご紹介しています。
放っておいても治らない!目の疲れを取る方法を知ろう
目の疲れを取る方法にはどんなものがあるのでしょうか?手軽にできる方法など色々とご紹介しています。