目が疲れている人必見!眼精疲労に効くツボ

目の疲れ ツボ マッサージ

目が疲れた時、つい目の周りを自己流で

マッサージをしていませんか?
無意識にやっていたとしても、目の周りを軽くほぐすだけでも
疲労を回復させる効果があると言われています。

 

目の周りにはツボ、血管があり、眼病予防や眼精疲労の改善に
効果があるツボ、マッサージ方法も存在するので、いくつか
紹介してみましょう。

 

「目が疲れたな」という時に、サッと出来るマッサージばかりなので
疲れを感じた時にぜひお試し下さい。

 

 

目の疲れや眼病予防になるツボとは?

 

睛明(せいめい)<目頭、鼻の付け根>

目の周囲の血行を促進させ、視神経の働きをサポートしたり
血行がよくなる事で疲れも緩和されます。

 

承泣(しょうきゅう)<骨の縁のくぼみ内側、瞳の中心下辺り>

目の疲れを解消するほか、緑内障や白内障などの目の病気を
予防する効果、視力の回復、目元のむくみ解消に効果的です。

 

瞳子りょう(どうしりょう)<承泣から指一本分、目尻側>

目の疲れを解消する効果が高く、さらに目元のたるみ、小じわの
改善にも期待が出来ます。

 

マッサージの仕方

この3つのツボは、目の周りに沿って存在しています。
コツは眼球周りの骨の縁を軽く押さえる様に、指の腹で刺激し
マッサージするのが正しい方法です。

 

目のかすみ、充血解消になるツボとは?

 

陽白(ようはく)<眉から指一本分上、瞳の中心辺り>

血行が促進されることで目がぱっちり、すっきりとします。

 

太陽(たいよう)<目尻に指二本を当て、その外側、目と眉の中間辺り>

目のトラブル全般の改善に期待ができ、老眼の予防改善にも最適。

 

攅竹(さんちく)<眉頭の内側>

老眼予防、目のかすみ、ゆがみなどの改善に効果的です。

 

マッサージの仕方

押し始めは弱く、優しく。
徐々に強く押し込み、眉頭から眉、眉尻までを弧を描きながらマッサージをします。

 

目の周り以外にあるツボ

 

合谷(ごうこく)<手の平の親指、人差し指の付け根>

くぼみ部分を逆の手の親指で、ぐっと押し込み数秒かけて
刺激していきます。

 

効果としては、肩こり、頭痛、歯痛などの緩和です。

 

眼(がん)<耳たぶの中央>

耳たぶの中央はつまむと痛みを感じます。
ぎゅっとつまむだけでも効果があり、メイクくずれが気になり
目の周囲をマッサージするのに抵抗がある、という女性におすすめです。

 

目の運動

目の疲れを解消するおすすめの運動があります。
目玉を上下左右、ぐるぐると動かす事で目の周りの筋肉がほぐれ、
血行促進から疲労の回復に繋がるのです。

 

ツボをマッサージする時には

 

目の疲れ ツボ マッサージ マッサージをする前

 

蒸しタオルで目の周りをあたためて血行を促進させます。
血行が促進されると疲労物質が流れやすくなり、マッサージの
効果を十二分に発揮する事が出来るでしょう。

 

目の疲れ ツボ マッサージ ツボを押す力

 

少し痛いと感じる程度の力で、ツボをゆっくり押し込みます。
5秒程押し込み、離す、これを繰り返しましょう。

 

目の疲れ ツボ マッサージ ツボの位置が正確に分からない時

 

ツボをピンポイントで押すのが効果的ですが、位置がいまいち
分からない、この辺にあるだろう、という曖昧な時には、
その周辺を強めに撫でてマッサージをします。

 

目の周囲はツボが密集しているため、周囲を撫でるだけでも
効果を感じられるでしょう。

関連ページ

目の疲れを予防&解消するおすすめグッズを紹介!
目の疲れを取るおすすめのグッズをご紹介しています。
目の疲れを解消するために効果的な食事とは?
目の疲れを解消するためにおすすめの食事や食生活についてご紹介しています。
放っておいても治らない!目の疲れを取る方法を知ろう
目の疲れを取る方法にはどんなものがあるのでしょうか?手軽にできる方法など色々とご紹介しています。